楽曲解説「逃飛行」

レコーディング前ギリギリに完成した曲で

元々は別の曲を録る予定でしたが

こっちの方が出来が良いと選ばれました

サビの少し前から入る

メロディーに苦悩しました

そしてサビの中の前半と後半で

若干コードを変えて

イントロと間奏で大分

印象の違う感じになっています



現実逃避はあくまで一旦で

住みつくつもりは無いから

「逃避行」では無く

「逃飛行」にしています

(でも飛行機は嫌いです乗れません)


夏の積乱雲は眩しい中にも

くっきりとした綺麗な白で

写真に映る君の肌も

くっきりと白く触れる事は出来ない

せつなさがあって

バスから視える夏の積乱雲と

手元に在る写真が

見事に重なる瞬間がありました

35回の閲覧